学生たち

スタッフの連帯感を高める

制服姿の子

仕事場に決まった制服があると、きりっとした気分になって、スタッフ間での連帯感も高まります。とくにオーダーユニフォームなどを作っておくと、業務効率が格段にアップするほどスタッフの働きが変わってきます。いまいち仕事場にチームワークがないなと思っている経営者の方がいれば導入を検討してみるのもいいかもしれません。

いまでは多くの店で制服が使われていて、それは企業イメージを固定化させるためにも役立っています。

オーダーの概要
注文、または注文して作った品という意味です。既製品と区別するという意味で使う言葉ですが、制服やユニフォームのような、ある限定された数だけを注文したい場合などにも使います。

オーダーできる商品としては、スーツなどの衣料品を始め、カーテンや家具などの家財品、そして住宅などさまざまあります。

また、記念日や結婚式などに贈る記念品のように、相手にたいする気持ちを込める意味でオーダー品を注文することもあります。

自分だけのオリジナル品
オーダー製品、と聞くと、とても高貴な、高級なイメージがあります。確かにオートクチュールの靴やバッグ、服などは庶民には手の届かない高根の花ですが、実は意外と身近な商品も簡単にオリジナル品として作ることができるのです。

たとえば、部活やサークルのユニフォーム、ある程度の人数が揃えばかなり安くオーダーできます。また、人数が揃わなくても、自分だけのオリジナルTシャツの作成や、靴下一足、タオル一枚、鉛筆一本の名入れも受注している業者がたくさんあります。結婚や出産、卒入学のお祝いやそのお返しなどに、送り主の気持ちをオリジナルプレゼントに込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

オーダー方法

ランドセル 女の子

クラブチームや部活動のユニフォームを作ったり、お店独自の制服を作成するのに、今までは大きな手間やコストがかかっていましたが、近年では、簡単にオリジナルのものが作れるようになっています。

オーダー方法は、資料を取り寄せて同封された用紙にデザインや文字を描き、ファックス等で業者に送信します。オンラインによる注文ができる業者もあり、同じようにデザイン等を送信します。布の生地や色は好みのものを選べますし、サイズも必要な枚数を購入できます。値段も手ごろで、ユニフォームだと2000円前後から作ることが可能です。

ユニフォームをオーダーメイドで
ユニフォームは中学校や高校等の部活では必要不可欠な物であり、主に試合の際に使用する事がありオーダーメイドで作る事によってその学校特有のデザインにすることが出来ます。

また、学校ではシンボルカラーとして制服にも学校が定める色を使用しています。その為に、学校のシンボルカラーをデザインとして使う学校も少なくは無く毎年多くのものがデザインされています。
最近では、学生が主体となってデザインする事があり不満が生まれない様に均等にデザインしています。

制服についての説明
制服とは、同一の集団や組織に所属する者が着用する共通のデザインの衣服を指します。

性別によってボトムスの種類が違うといった差異はありますが、素材や色調などの全体的なイメージは統一されています。例えば日本の警察官の場合、女性警察官はスカートが正装とされていますが、活動服としてスラックスも存在し、上衣は男女共通のデザインです。

スポーツチームの制服はユニフォームと呼ばれ、チーム名やロゴを入れるオーダー加工をすることもあります。

制服やユニフォームのオーダー
昔は制服など、必要な服を作る際には親や親せきなどに作ってもらうことが主流でした。

しかし近現代では女性も働く社会となりつつあり、つくることができる人が減少していっています。そんな時代の背景もあり、制服や部活などで使うユニフォームをオーダーする際には、福屋に依頼することがほぼ大半となっているのです。またそういった店は学校と提携を結んでいることが多く、ほかの人が買うより安くしてくれたり、購入するときに手間がかからなかったりしています。

今後はどうなるのか、時代によると考えます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031